puraha0001

今日の午後は、治療院をお休みにして、四街道文化センターにプラハ・バロック合奏団の公演を聴きに行きました。プラハ・バロック合奏団は、チェコの優れた音楽家集団で、チェコフィルハーモニー管弦楽団やプラハ交響楽団の代表的なオーケストラメンバーで構成された、バロック奏法を用いた表現力豊かな演奏で定評のある楽団です。
 なかなか日曜日に休む事が出来ないので、めったにコンサートなんかには、行けないのですが、今回は三男がお世話になっている四街道少年少女合唱団がゲスト出演させてもらえるとの事で、治療院を午後からお休みにして見に行きました。
 期待していた以上に素晴らしい演奏で、得した気分でした。チェンバロの音色もバロックぽいし、オーボエやファゴットの音もすばららしいし、もちろんバイオリン、チェロ、コントラバスの弦楽器たちの音色も一流でした。
そしてそれらが混ざり合ってオーケストラの様に一つになって聞こえてくる音楽がまたとても美しいのです。
合唱団の歌も大変綺麗でこんな一流の楽団に伴奏してもらって歌えるなんてすごい事だと
思うのですが、子どもたちは、意外と落ち着いていました。
帰りにCDを購入して、楽団の方全員のサインをもらって帰りました。
CDもとても素晴らしかったです。

千葉の鍼灸・指圧・マッサージ・整体の治療院
都賀光明堂治療院