今年の夏の家族旅行は、八ヶ岳の白駒池に行ってきました。
白駒の池は、苔と原生林の森の中にあって、485種類の苔が生息すると言われている「苔の森」を 散策 できる、標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖だそうです。
 我が家の、旅行は例によって電車やバスや、ロープウェイなどの乗り物を楽しみながらの行きかえりの移動です。
今回は、行きは、得意の中央線特急、千葉始発のあずさ3号で小淵沢まで、
小淵沢から、小海線(別名、八ヶ岳高原鉄道)で松原湖駅まで、
帰りは小海駅から佐久平まで、小海線で、佐久平から長野新幹線で、東京駅までという経路です。
小海線は、標高の高い高原を走るディーゼルの高原列車で、清里 - 野辺山間には標高1375 mのJR鉄道最高地点があります。また、野辺山駅は標高1345 mのJR線最高駅であるほか、甲斐小泉から松原湖までの9駅がJRの標高の高い駅ベスト9に入っているロ連です。

KIMG0723
小淵沢の小海線ホームにある、お弁当屋さんで、地元のおいしい駅弁を買って、
白駒の池で食べるることにしました。
いつも、料理やお弁当の写真を写すのを忘れて、食べてから思い出します。

 
KIMG0729
JRの路線の最高地点にある踏切

BlogPaint


白駒の池に向かう、ハイキングコースの入り口を入ると、直ぐに神秘的な苔の森が広がります。

KIMG0756

なっか、太古の原始時代にタイムスリップしたようです。

KIMG0740

白駒の池の湖畔の東屋で、お弁当をいただきました。
お弁当食べた後、高見石小屋まで軽登山しました。
ほんの一時間ちょっとのコースですが、雨がザンザン降り出して、岩がつるつるで結構大変でした。
Screenshot_20171129_132743


KIMG0741
標高2300mにある、高見石小屋

白駒の池まで、下る道やっと雨も止んできました。
途中にもののけ姫の森があったので、一休みしてmオカリナでもののけ姫の
曲を吹きました。
こんなに神秘的な森でオカリナが吹けるなんてとても幸せな気分です。
(腕前は別として)




オカリナを吹くと周りの野鳥たちが
縄張り意識からかピーピーと 鳴き声を出して 騒ぎ出します。


ホテルで一泊して、翌朝目覚めるとすっかり良い天気です。
ホテルの窓から見える八ヶ岳の山並みも朝焼けに生えってとっても美しいです。

KIMG0763



2日目は、帰りの時間まで、ホテルの近くの、ふれあいの森をハイキングしました。
ホテルの裏庭から、ハイキングコースが始まっています。
KIMG0777

ここもやはりたくさんの苔が生えていて、綺麗な沢の流れの周りを散策できて
とても良いところでした。


KIMG0783


BlogPaint

帰りは佐久平経由で長野新幹線で帰りました。
この時台風が近づいていて、もし中央線で帰ったら、大月付近で電車が止まってひどい目にあっていました。
とてもラッキーなルートを選んだものです。