医道の日本社の編集部の方から、執筆のご依頼を頂きまして
月刊「医道の日本」4月号に記事を書かせて頂きました。
疲労に対する鍼灸マッサージ治療と言う特集の中の1つの記事
として、病的な慢性疲労に対する鍼灸治療というタイトルの文章を
書かせて頂きました。
この特集記事のコーナーには私を他に3人の先生方が執筆されていました。
皆さん、医学博士で、ちょっと位負けしてしまいますが、まあ街の開業鍼灸師
の立場が一番現場に近いかなと言う事で、いいのかも知れません。

PAP_0011


























ちゃんとした雑誌に記事など書いた事が無いので、ちょっと
躊躇しましたが、自分の考えをまとめるという意味でも良い事なので
お受けいたしました。
原文は1万4千字位書きましたが、大分削られました。
その分すっきりと見やすい文章になったと思います。
やはり、プロの編集者の方はさすがです。
ただ、です。ます。調で控えめな文体が~である。と言う様な
偉い先生が書いた様な文体に修正されて、格好は良いのですが
少し恥ずかしい感じです。


PAP_0012











原稿料も頂けるようです。
多分、お小遣い程度だと思いますが、初めての経験なのでうれしいです。

治療院のホームページにも慢性疲労の治療について書いています。
良かったら見て下さい。

慢性疲労症候群と線維筋痛症の鍼灸・マッサージ・整体治療





千葉の鍼灸・指圧・マッサージ・整体の治療院
都賀光明堂治療院



サムネイル