都賀光明堂治療院のブログ

千葉で鍼灸・指圧・マッサージ・整体の治療院を開いています。 日常の出来事、治療の事、趣味のオカリナとフルートの事等、時々書いてみようかなと思いブログを開設しました。治療の詳しい内容はホームページhttp://www.koumeidou.jp  をご覧ください。

2015年08月

翌朝は、4時過ぎに目が覚めて窓から外を眺めてみると
そこには、見事な朝焼けが広がっていました。



003

             遠く、雲の上には南アルプスの山並みとその後ろに富士山がシルエット
                                となって写しだされています。

           

005



                              そして、山の際から見事なご来光です。
             普通、ご来光を見るには暗いうちから頂上に登って大変な思いを
             しなければならないのに、ホテル庭や部屋の中から、拝む事が
             出来るとは、なんと贅沢である意味不謹慎な事ではないでしょうか。


014


016

             山肌に朝日が反射してオレンジ色に輝いています。



028


             南アルプスと富士山をバックに記念撮影です。
             心霊写真ではありません。

P8070142

             いかにも夏山と言った色合い。たまりません。



P8070141



             早速登山開始です。
             昨夜の鍼治療と出発前の鍼治療で妻のぎっくり腰も大分治まって
             来ました。
             なにせ、お抱えの鍼きゅう師が同行しているのですから
             なんとかしなくては、恰好がつきません。



039

             乗越浄土まで登ってきました。
             雲は少し出てきましたが、空は相変わらず高く青空が綺麗です。


056



BlogPaint



             此処から中岳を経由して、木曾駒ケ岳まで行く予定でしたが、息子が
             どうしても宝剣岳に登ってみたいと言う事を聞きません。
             仕方がないので、宝剣岳の途中まで行ってみる事にしました。
             昨夜ホテルの前で星を見ていたら救助隊の方が何名か
             疲れ果てた様子で下山してきました。
             宝剣岳で二人の方が遭難して行方不明だそうです。
             朝になって一人の方は救助されてヘリの中で意識を取り戻したそうです。
             (翌日になって、もう一人の方は死亡が確認されたそうです。)

                               そんな事もあったので、登らないつもりでいたのですが、あまりにも息子が
             しつこいので、鎖の下まで行ってみる事になりました。
             
066


             ゴリラ岩を見ながら宝剣岳に向かいます。
             本当にゴリラの横顔のようです。

077


             さすがに切れたっていて高度感のある景色です。
             沢にはまだ雪渓が残っているように見えます。
             本当に深い谷でダイナミックな景色です。さすが日本アルプスです。


BlogPaint






BlogPaint


                               鎖場の処まで来ました。
             戻ってくる人に様子をいろいろ尋ねてみましたがなんとか、登れそう
             なのでチャレンジしてみる事にしました。
       




088
BlogPaint


             カニの横ばいの様な処で一か所5cm位しか出っ張りがない処と、縦の
             鎖場で息子の身長で届きづらい処が一か所ありましたが、私と妻が
             前後で見ながら登ったので問題ありませんでした。
             気を付けていれば落ちる事はないと思いますが、万が一手を離したら
             命は有りませんので、細心の注意を払わなくてはなりません。

BlogPaint

            あっという間に頂上に着きました。
            なにか、雲上のすごい山の頂上に登頂した様な雰囲気。
            たまらなく気持ち良いです。さすがに私の顔は緊張した表情です。
            息子の顔は熊で隠れていますが、希望の宝剣岳に登れてうれしくて
            笑いが止まらないと言った表情です。

109


             中岳を経由して木曾駒ケ岳の山頂を目指します。


110


             せっかく登ったのにまた一旦下って登り返しです。


BlogPaint
 

             頂上に到着です。
             宝剣岳に登った後なのでいまいちインパクトが弱い感じです。
118


             中岳まで戻ってきました。
             高山病気味の私と腰の痛い妻がのろいので、息子はさっさと
                               先に行っ中岳頂上の岩の上に登って待っていました。
                               すっかり岩の上に登るのが癖になってしまったようです。


129

          千畳敷に戻ってきました。
          もう此処を下ったら、ロープウェーで山を下ります。
          本当にこの景色とお別れかと思うとお名残り惜しい限りです。


132

             お花畑が本当に綺麗です。
144
  
            ホテルの下の剣が池を回って帰ってきました。


148

          
息子が夏休みの自由研究にしようと高山植物の写真をたくさん写していました。
綺麗に撮れていたのでアルバムにしてみました。

今夜は、駒ヶ池の傍のホテルに泊まって、明日千葉に帰ります。





千葉の鍼灸・指圧・マッサージ・整体の治療院
都賀光明堂治療院



サムネイル

今年の夏の家族旅行は、長野の中央アルプスの木曽駒ケ岳の登山にしました。
そして初日に泊まる宿は、なんとあこがれのホテル千畳敷です。
ホテル千畳敷は日本で一番高い場所(標高2,612m)に建つホテルで
ロープウェーの千畳敷駅に併設していて、千畳敷カールがすぐ目の前、まるでホテルの庭の様な状態です。


BlogPaint



毎年恒例となりつつある千葉駅6時38分発の中央線特急あずさ3号にのって
岡谷駅まで行き、そこから飯田線に乗り換えて駒ヶ根駅まで、随分長い時間電車に揺られます。
飯田線はローカル色たっぷりのワンマン電車でした。
前の日に突然ぎっくり腰になって動けなくなった妻に夕べ鍼治療してなんとか、電車に乗れる状態になりましたが、明日は木曽駒ケ岳の登山を控えているのでどうなる事か気が気ではありいません。

016

それでも
なんとか駒ヶ根駅まで辿り着き、バスでロープウェーの駅が有るしらび平まで山道を登って行きます。
この千畳敷行きのロープウェーは、人気が高く夏休み中は、一時間待ちが普通だとの事、覚悟していったのですが、臨時便がどんどん増発されていた事と、着いたのがお昼を回っていたためか、丁度すいている便にに乗る事が出来ました。なんと乗ったのは二家族だけ、ガラガラですべての方向の景色見放題、なんと贅沢な事か、拍子抜けしてしまいました。


021


ジャーン!
千畳敷カールに到着です。いかにも、夏山しかも高山の景色という感じ。
感動物です。
実はこの千畳敷カール、数年前紅葉の時期に友人と日帰りバスツアーで訪れた事が有ります。しかしその際は、なんとザンザン降りの大雨で数メートル先しか見えない状態でそそくさと帰りのロープウェーで山を下るという惨めな状況でした。
この景色を一目見る事が出来ただけでもリベンジ達成です。






早速、腰の痛い妻をホテル前に置いて、いける所まで登ってみる事にしました。
今回の旅行で山の事や高山植物の観察をして、それを夏休みの自由研究にする予定の息子が花を見つけては、盛んに写真を写していました。
古いデジカメを息子用に持たせていたので、丁度良かったです。
なにせ、子どもは登るのが早く、とても私の体力では追いつけないのです。



P8060082
P8060080


P8060083








綺麗な花の写真がたくさん取れました。
家に帰ってから高山植物図鑑で詳しく調べます。


P8060086P8060088P8060096








P8060094
P8060085
P8060096


P8060121




P8060104









P8060105





P8070179
















このほ

コマクサも丁度、綺麗に開いた所です。
 ほかにもたくさん違う花の写真を取りました。
載せきれないのでこの位にしておきます。


P8060117

ホテルの場所から大分登ってきました。

霧が出てきました。この後、30分ほどひたすら登って、乗越浄土まで
出た所で遠くに雷雲が表れて、雷の音が聞こえてきました。
大急ぎでホテルまで引き返しました。
バスとロ-プウェーで2600メートルまで一気に登って、すぐに山道を登りだし、帰り走るように降りたのでホテルに戻ったら私は軽い高山病状態でした。
息子は全く平気で元気です。
明日は、木曽駒ケ岳だけでなく宝剣岳にも登ると言い張って聞きません。


035

ホテルにチェックインするとすぐに大粒の雨が降ってきました。
もう少し戻るのが遅れたらずぶ濡れになるところでした。
でも雨はあっという間に上がって、ふと窓から外を眺めると
大きな虹が谷にアーチを描いていました。




BlogPaint

お風呂も雪渓の雪解け水が地下水となった湧水を沸かした広いお風呂にゆったりとつかりました。
夕食は山の上とは思えないほど豪華で美味しい食事です。
山小屋泊まりでは、とてもこんな贅沢は味わえません。
そして写真に写っている窓の外を見て下さい。
これはポスターではありません。
千畳敷カールが目の前なのです。



081

夜部屋の窓から外を眺めると遠くに駒ヶ根の街の明かりが綺麗な夜景と
なっていました。
そして夜の一番の楽しみは、なんと言っても夜空を飾る満天の星々です。


081010_006478_2

9時ごろ外に出てみると空には満天の星。天の川も見えます。
残念ながらカメラの性能があまり良くないのでシャッター開き放しに出来なく
星の写真写せませんでした。
ネットに投稿された写真を拝借しました。
  • 天体画像ギャラリー
  • 一般投稿画像
  • より。
    肉眼ではここまでではありませんが、本格的なカメラで写したらこれと同じ様に写ると思います。
    とにかく今まで見たことが無い様な星空でした。

    さて、明日は駒ケ岳登山です。
    腰がまだ痛い妻の鍼治療をしてから休みました。
    明日は三人で登れると良いのですが。


    *** 番外編 ***

    千畳敷、木曾駒ケ岳、宝剣岳、本当にいいところでした。
    今回の旅行で写した、その千畳敷、木曽駒ケ岳、宝剣岳の写真と私のチョー下手くそな
    フルートを録音した音声ファイルでYouTubeにスライド動画を作ってみました。
    YouTubeのアップの仕方を覚えたので、嬉しくなって付くって見ました。
    完全に自己満足の世界ですので、まともに音楽をやる方は見ないで下さい。
    でも、YouTubeにアップすると内容(演奏)は別として、何となく本格的な見た目
    になるのが、うれしいです。もちろん評価とか書かれると困るので、YouTubeでは、限定公開
    にしましたが。

    アンドロイドでは音が鳴りません。









    千葉の鍼灸・指圧・マッサージ・整体の治療院
    都賀光明堂治療院



    サムネイル

    ↑このページのトップヘ