都賀光明堂治療院のブログ

千葉で鍼灸・指圧・マッサージ・整体の治療院を開いています。 日常の出来事、治療の事、趣味のオカリナとフルートの事等、時々書いてみようかなと思いブログを開設しました。治療の詳しい内容はホームページhttp://www.koumeidou.jp  をご覧ください。

2012年02月

先日、NHKの番組でアメリカで行われている、うつ病に対する最新の治療を取り上げた番組が放映されていました。
内容は、最新の機器で頭の外がら脳のDLPFCという部位を狙って、強い磁気刺激を断続的に放射するという治療法でした。そしてこの治療による効果は画期的なもののようでした。
このDLPFCという部位は、背外側前頭前野という部位で、たぶん大脳の前頭葉前頭前野の一部だと思います。
このDLPFC(背外側前頭前野)は人の悲しみや不安な気持ちを引き起こす扁桃体の働き(暴走)を抑制する役割をもっているそうです。
そして、DLPFCに強い磁気刺激を与えることにより、同部位の血流を促進しその機能を強めそれによって扁桃体の暴走を抑えるというメカニズムだそうです。
 ところで鍼治療では、もちろんそのような、強い刺激を脳に与えることはもちろんできません。
しかしうつ病はともかく、うつ病との関連も深いといわれている、パーキンソン病の神経症状のような、脳内の神経伝達物質が減少しておこる症状には、しばしば効果が見られます。もちろん中脳の黒質が委縮して起こる器質的な疾患ですので、病気そのものの改善が目に見えて表れるような事は期待できませんが、一時的ではありますが、かなり症状が改善することはあります。
たとえば鍼治療前に衣服を脱ぐときには、かなり動きは遅く、姿勢のかなり前かがみでかつぜつが悪かったのが、鍼治療後は、非常に早く着替えることができて、背筋もかなりのび、話し方のしゃきしゃきと元気になることが、よくあります。
なにがしかの、刺激が脳に働きかけているとしか思えません。
以前より、鍼治療の理論の研究には脳内の神経伝達物質の分泌を促したり、交感神経の抑制因子や副交感神経の促進因子の分泌を高めたり脳内モルヒネ様物質の分泌を促すなどの効果が確認されています。
 ただしパーキンソン病の鍼治療の効果も、特に上記したようなはっきりとした効果はあまり長続きしません。
長期的に見れば、もちろん、病状の進行を遅らせているとは思うし、急に症状がひどく出た時など、元の状態までは、戻ったりというような効果は、あると思います。
また、こわばった筋肉をほぐし、関節の運動制限を緩和する様な鍼や指圧マッサージの治療により、ADL(日常生活動作)の改善は十分見ることができます。
ただ、治療効果の出方は患者さんによりかなり差があるようにも思います。
 あくまで、鍼灸マッサージの治療院ですので、運動器系疾患や自律神経関連疾患が中心ですし、
パーキンソン病の患者さんは、少ないですが、治療後にはっきりと変化が現れる事例もあるということです。
鍼灸や指圧マッサージもはっきりとした、医療機関としての位置づけや社会的な地位があれば、科学的な臨床研究もできるのにと思います。
また、健康保険が適応されれば、治療の回数も増やすこともできるのにと思います。
 上記のアメリカで行われているDLPFCに対する磁気治療にしてもしばらくの間、毎日治療するそうです。

当院HPに書いてみました。
良かったら読んでみてください。

@鍼灸治療の治効理論について

@鍼灸治療と自律神経について target=_blank>
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PB230027
P2060097
 我が家の愛犬レオは、マルチーズのオスで、もう10歳を過ぎました。
小型犬なので、猫のような性格です。
まだまだ元気でぴょんぴょんはねているし、ロープ遊びの時は、まるでも猛獣のように
歯をむき出して、唸りながらロープをひっぱります。
甘えるときは、はまるで表情を変え、ぬいぐるみのようになります。
先日の、節分の豆まきの時には、しっかりと、赤鬼の役を演じて、嬉しそうに豆を拾って食べていました。




都賀光明堂治療院

↑このページのトップヘ